So-net無料ブログ作成

年月経って、歳取って・・・ [舞台]

先月も、何本かお芝居に行ったのですが、
中々、文字に出来ない感じが自分の中でしてしまっていたのですが、
今日は書きます。



『昭和島ウォーカー』

東京グローブ座なんて、ジャニーズ御用達劇場に行って参りました。
でも、かなり良い劇場ですね。
小さくて見やすく出来ておりました。

この“ウォーカー”は働く人たちのこと。
でも、歩く方も掛かっているかな。二足歩行だから。

ヨーロッパ企画という、関西一の若手劇団。
京都を拠点にしている、中々骨のある劇団の本です。
あ、もちろん、役者さんたちも出ています。


今回の主役は井ノ原快彦。言わずと知れたイノッチです。

むか~しむかし、彼の舞台を観ました。
もちろん、その頃は主役じゃありません。
そして、言わずと知れてません。V6なんて影も形もありませんでしたから。
千秋楽で、「ジャニーさ~ん、オレもデビューしてーよぉ~~~!!!」な~んて叫んでいましたから。
それが今では座長です。
あの頃は、何だかニヒルな感じを追及していたのか、
ちょっとひねた感じを受ける子でした。
今では天然で、空気の読めない青年を演じるようになっていました。
ミュージカルを多くやっているせいか、ちょっと独特な間合いというか、
小劇場出身者が舞台の上に占める割合が多いせいか(笑)、
それとも役柄を見事に演じきっているせいか、
何だかちょっと、浮いた感じを受けますが、
とにかく、見事な役者になっておりました。
何だか、感慨深いものがありました。
顔も良く知らない、遠い親戚のおばちゃんの心境ですね(笑)。


舞台自体は面白く、役者さんの特性がとても良く生かされていて、
見やすく、分かりやすく、そして、中々強引なお芝居でした。良い意味で。
きっと、たくさんの人に愛される舞台になっていると思います。
中々チケット入手困難というのが、玉にデカイ傷ですが・・・。
3階席とか結構空いていたので、たくさんの方に観て頂きたいなぁ、と。
親戚とは名ばかりの、いきなり親戚面して出てくるおばちゃんのようですな(笑)。




それにしても、今回ばかりはレーダー0には涙する・・・・(泣)。
“有名人レーダー”ゼロっ!!!
『水曜どうでしょう』の藤村氏、嬉野氏、その上四宮氏までいらしていたとはっ!!!
きっと、この先一生拝見する事の無いスリーカードっ!!!
あぁぁぁぁぁ~~~~~~(泣)。
なんということでしょうぅぅぅぅ~~~~~~(泣)。
残念でなりませぬぅぅぅぅぅ~~~~~~~(泣)。



・・・・・いえ。
舞台が目的です。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。